肝斑

肝斑

肝斑はほほ骨や口の周りに広がる淡褐色・暗褐色のシミの一種で、左右対称にできるという特徴を持っています。
肝斑は30~40歳以上の女性に多くみられ、妊娠や経口避妊薬(ピル)によって引き起こされる場合もあり、女性ホルモンのバランスが変化することで引き起こされるというケースもありますし、紫外線やストレスが影響してできることもあります。

根本的な原因は皮膚の中にあるメラノサイトと言う細胞が、紫外線やホルモンの影響を受け、シミの原因であるメラニンを作るのですが、紫外線やホルモンバランスの変化は、同時に肌のターンオーバーにも影響を与えますので、場合によってはメラニンが皮膚に滞留し、肝斑となってしまうというわけです。

肝斑(かんぱん)の治療

しっかり治療したい
Copyright 2017 ララクリニック, All Rights Reserved.