くすみ

くすみの原因

くすみの原因は大きく2つに分けることができます。肌のくすみは肌質そのものの色合いが黒っぽくなってしまう場合と、若い時期にあったツヤ感が失われてしまうために輝きを感じられなくなってしまう場合が考えられます。

色合いが悪くなる場合のくすみの原因としては、「メラニン色素の沈着」、「血行不良」の2つがあげられます。「メラニン色素の沈着」とは、紫外線の影響によって引き起こされています。肌の奥に色素が沈着してしまうと、顔全体が黒っぽくなり、くすんだように見えてしまうのです。「血行不良」では、顔内部を流れる血行が悪くなってしまうことで本来の自然な赤みが失われ、顔全体が黒っぽく見えるようになってしまいます。

そして、顔のツヤ感の喪失によるくすみは、「老化(シワやたるみ)」、「古い角質の沈着」の2つが主な原因です。「老化」によるシワやたるみが起きると、顔に凹凸が増えて影できてしまいます。これが顔全体の印象を暗くしてしまっているのです。また、「古い角質の沈着」では肌の新陳代謝が遅くなることにより、肌全体が乾燥したカサカサの状態となってツヤ感のない肌に見えてしまいます。これらの関係により、くすみが見られるのです。

メラニン

手軽に改善したい
Copyright 2017 ララクリニック, All Rights Reserved.