コラム
  1. >
  2. コラム >
  3. [Dr.アンチエイジング 青木 コラム]現代型栄養失調〜サプリメントの選び方〜

[Dr.アンチエイジング 青木 コラム]現代型栄養失調〜サプリメントの選び方〜

 

みなさんこんにちは。内科部長の青木です。

 

現在ダイエットを目的にご来院される方に共通しているのは、

ほとんどの方で「体の代謝に必要な栄養素が欠如している」ということです。

もっと言うと、太っていない人でも、多くの人が

基本的にビタミンやミネラルなどが不足気味であることに気がつきます。

 

こんなに飽食の時代なのに、現代人の多くが実は栄養失調なのです。

 

体のビタミンやミネラルが足りないと、

体の代謝がうまく回らずに、太りやすい体質になってしまったり、

肌荒れの原因になってしまったり、老化が早まってしまったり・・・

といったように、嬉しいことは一つもありません。

 

ですから、私はほとんどの患者さんに、

その方の食事の弱点を教え、気をつけることを指導し、さらに、

サプリメントなどで足りない栄養素を補給するように進めています。

9a173f8640372a8aa2b330f0714a16e2_s

最近はコンビニやお近くの薬局などでも購入することができるサプリメントですが、

一種類のサプリメントをとってもいくつもの製品があり、

何がなんだかわからないままに購入して

何となく使っている方も多いのではないでしょうか?

 

確かにサプリメント製品そのものの種類は非常に多く、

その素材だけ(ビタミン・ミネラル類、ファイトケミカル、ハーブ類、アミノ酸や脂肪酸など)

に着目しても200項目以上あります。

サプリメントの機能別の分類方法は色々な考え方があるのですが、

サプリメンテーションを考える上では、

日本サプリメント協会が提唱するサプリメント・ツリーがわかりやすいでしょう。

sup-tree

 

サプリメントの語源は英語のdietary supplement (食事を補う)。

サプリメントの基本的な考え方はあくまでも、

食事では足りない栄養素の“補完”にあります。

まずは正しい食生活習慣(食事、運動、睡眠)に土台を置くことが肝要です。

 

その上で、一般的には、先に述べたように全体的にビタミン&ミネラルが不足しているのが

私たち現代人の食の問題でもあるので、

上記のサプリメントツリーの、ベースサプリメントとして、

まずはマルチビタミン&ミネラルを選ぶのもひとつの方法です。

 

ここでいうマルチビタミンとは、

βカロテン、ビタミンB群(B、B2、B6、B12、ナイアシン、ビオチン、葉酸、パントテン酸)、
ビタミンC、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンK

の13種類を指します。

これらのベースになるビタミンをきちんと補って土台作りを行ってから、

はじめてさらに、ビタミンCやビタミンE、あるいはビタミンB群などを加えるようにしましょう。

 

マルチミネラルは、

カルシウム、鉄、マグネシウム、銅、ヨウ素、亜鉛、セレン、クロム、モリブデン

などの種類を含みます(各メーカーによって多少差があります)。

 

ポイントは、サプリメントの裏ラベルをきちんと見てから購入を検討してください。

5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_s

 

例えば物によっては、サプリには入っている成分の表示に、

成分量が掲載していなかったりするものもあります。

また、主成分が「セルロース」や「乳糖」という、

摂りたいはずのビタミンよりも、「つなぎ(添加物)」である糖質が主成分である、

なんてこともあります

 

私は内科医ですので、やはりお勧めはドクターに相談していただけた方が安心だと考えています。

東京都の27年度健食試買調査結果では、

販売店で購入した製品で、46品目中29品目に不適正な表示・広告があり、

インターネット等の通信販売で購入した製品では、

80品目中79品目に不適正な表示・広告があった

という調査結果もあるようです。

 

ご自身でサプリメントを選ぶのが難しいと感じたら、

ララクリニックでも、マルチビタミン&ミネラルのサプリメントの

処方を行っていますので、ご興味のある方は是非相談してくださいね。

お問い合わせ

 

次回コラムでは、サプリと合わせて考えたい、食事から効果的に栄養を摂取するアイディアについてご紹介いたします。

 

Copyright 2017 ララクリニック, All Rights Reserved.