コラム
  1. >
  2. コラム >
  3. [Dr.アンチエイジング 青木 コラム] 誰でも簡単!20(twenty)ダイエット〜2〜

[Dr.アンチエイジング 青木 コラム] 誰でも簡単!20(twenty)ダイエット〜2〜

みなさんこんにちは。内科部長の青木です。

 

前回のコラムより、正しくやせるための4つの柱(食事、運動、代謝、自律神経)に働きかける
誰でもできる20(twenty)ダイエット」についてご紹介しています。

 

今回のコラムでは、20(twenty)ダイエット後半の3つのポイントについてご紹介します。

 

4.一口【20回咀嚼】して【20分】以上かけてゆっくり食事する

早食いの人は過食になりやすい事はよく知られています。

よく、自分は胃袋が大きいと思っている方がいますが、人の胃袋の大きさはみんな大差ありません。

人が満腹と感じるのは、胃ではなく、脳です。
咀嚼する事で脳の満腹中枢が刺激され、我々は満腹感を感じます。

ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

満腹中枢が働き始めるまでに約20分〜30分かかりますから、
「一口20回以上よく噛んで、20分以上かけて食事する」と食事摂取量も確実に減らす事ができます。

とはいえ、30分以上のだらだら食いも良くないので、気をつけてくださいね。

 

5.お風呂で行う【20秒&20分】自律神経を整える入浴法

以前コラムでお話ししたように、自律神経が乱れていると、
運動しても食事をしても痩せにくいということになります。

この【20秒&20分】入浴法は、鈍った自律神経系を目覚めさせ、
いつまでも若々しくスリムな体でいるための秘策です。

<やり方>

  • 朝起きてすぐに暑いシャワー(43℃〜45℃)と冷たいシャワー(19℃前後)を交互に10秒ずつ5~6回、繰り返し浴びる。

 

  • 夜寝る前には、ぬるめのお湯(38℃〜40℃くらい)にみぞおちから下の半身浴を20分前後。
    ※汗があまり出ないようにしましょう。
    目的はリラックスですので、汗がたくさんでるような交感神経を刺激しないように。
    好きな音楽を聞いたり、好みの入浴剤を入れたりしてリラックスして入ってください。

fa1baa940f87dedb6139ebfe9f82f6f6_s 982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s

 

6.まずは【20日間】続けてみる

ご紹介した【20】をキーワードにしたダイエット法は、どれも急激に体質を変えるようなものではないので、
1週間、2週間目はそれほどの効果がでずがっかりするかもしれません。

しかし、20日が経過した頃から自分でもわかるほどに体が変化していきます。

 

これには脳の仕組みが関係しています。

最初の1週間、脳はまだダイエットの企みに気づいていません。

2週間目、うすうす気づき始めた脳は体脂肪燃焼の準備を始めます。

そして3週間目を迎えると、体重も2、3キロ落ち、
脳も少ない摂取カロリーでやっていく法にベクトルを合わせます。

スクリーンショット 2016-07-09 17.09.41

我々の体全体がダイエットに向け体制を整えるのに20日はかかってしまうということです。

 

しかし、いったん脳が覚悟を決めると、
あとは面白いように体重と体脂肪をコンロトールできるようになります。

運動で体も軽くなり、若返った気分になってきます。

勝負は、代謝環境が整う20日間続けられるかどうか。

最初の20日さえクリアできれば、流れに乗れます。

 

いかがでしたでしょうか?

繰り返しになりますが20(twenty)ダイエットは、
誰でも、いつからでも始められるダイエット法です。

どれも「なんだそんなことか」と思える簡単なものばかりですが、
以外とできていない人が多いのが現代です。

ぜひ普段の生活から少しずつ取り入れ、続けてみることをお勧めします。

体はそれだけで大きく変わってくるでしょう。

====================================

<スタッフからのお知らせ!>

「ダイエットはDR.青木に任せたい!」という方は、

青木晃先生監修のDR.ダイエット「ララクリニック体質改善プログラム」がオススメです!

 

ご予約、問い合わせはこちらから

 

Copyright 2017 ララクリニック, All Rights Reserved.