コラム
  1. >
  2. コラム >
  3. [Dr.アンチエイジング 青木 コラム] 誰でも簡単!20(twenty)ダイエット〜1〜

[Dr.アンチエイジング 青木 コラム] 誰でも簡単!20(twenty)ダイエット〜1〜

みなさんこんにちは。内科部長の青木です。

 

以前私のコラムで、正しくやせるための4つの柱(食事、運動、代謝、自律神経)についてお話しました。

本日は、その4つの柱に働きかけ、

みなさんがご自宅で、日常生活の中で、簡単に取り入れられる

20(twenty)ダイエットをご紹介します。

 

誰でもできる日常でのダイエットの秘訣は【20】という数字にあります。

 

  1. 【20代】前半の体重(体脂肪)をキープする

2715167ad107982190de65bc144102f5_s

20代前半の体重と体脂肪率が、その人にとってのベスト体重と考えます。
その頃の体重を振り返り、増加率が10%以下ならまずまずの許容範囲。
それ以上なら肥満による生活習慣病が襲ってくる可能性が…

一つの目安として参考にしてみてください。

 

  1. 食事量を【20%OFF!】

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

「腹八分目」とは昔から言われている食生訓ですが、大変理にかなっています。
なぜなら、体内の代謝環境の恒常性を変えるには、
その時点でのエネルギーに関係した代謝レベルを2割動かす事が必要だからです。

これは、体格、性別、年齢にほぼ関係なくあてはまりますので、まずは始めてみてください。

食べ始めてから最後に一口残す、というのはなかなか難しいので、
最初からいつもより【20%OFF】にする事をお勧めします。

 

  1. 活動量を【20%UP!】【20分】の有酸素運動を

afafe1d94228fd62ecd3ba928d68a204_s

まずは、いつもより20%歩くこと(ウォーキング)から始めましょう。

普通のサラリーマンは大体1日の平均が6000歩程度です。

万歩計を購入し、最初の半月は現在の歩数より20%増したもの、次の半月はさらに20%増し…

といったように目標設定していくと、ゲーム感覚で楽しみながら歩数を増やす事ができます。

オフィスではエレベーターではなく階段をつかうですとか、
一駅前から歩いて自宅に帰るなど、普段の生活で工夫のしようはいくらでもあります。

 

ここまで、どれも「なんだそんなことか」というくらい簡単なことばかりかもしれませんが、
以外と出来てないことが多いのではないでしょうか?

 

さて、次回コラムでは残りの3つの【20(twenty)ダイエット】についてご紹介します。

 

Copyright 2017 ララクリニック, All Rights Reserved.