コラム
  1. >
  2. コラム >
  3. [Dr.アンチエイジング 青木 コラム]「やせる」ってどういうこと?〜医学的な「ダイエット」の定義〜

[Dr.アンチエイジング 青木 コラム]「やせる」ってどういうこと?〜医学的な「ダイエット」の定義〜

みなさんこんにちは。内科部長の青木です。

 

突然ですがみなさんは、ご自身がやせているか、太っているか、どのように判定しますか?

debuman

例えば体重を身長の2乗割った数値(BMI)を参考にする方もいらっしゃるでしょうし、
ご自身のご友人と比較して、
見た目が「太っているか、痩せているか」で判断する人もいるかもしれません。

 

どちらも間違いではないですが、
医学的には「やせている」「太っている」を判断するのは
「体重」や「見た目」ではありません。

 

最も重要なポイントは「脂肪」です。

医学的に肥満とは、「脂肪組織がカラダに異常に蓄積した状態」を指します。

 

脂肪より筋肉の方が質量は「重い」ですから、
筋肉のあるスポーツマンタイプは体重が重くなりますが、
それでも彼ら彼女らは医学的には「痩せている」こともあります。
反対に、例え見た目が痩せていて、体重が軽くても、
体に必要以上の脂肪がついている「痩せ型肥満」の方もいます。
痩せ型肥満の方は、医学的には「太っている」ので、ダイエットが必要です。

 

最近巷では「ダイエット」と称して様々な減量法が取り上げられています。
その多くが必要以上の“スリム思考”や“やせ願望”をもつ女性をターゲットにしたもので、
単に減量を目指すものが多いように感じます。
中には誤ったダイエット方法により、かえって健康を害したり、
ひどい場合には命を落としたりするというケースさえあります

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

そもそも、ダイエットとは何のためにするのでしょうか?

僕は、健康で長生きをするために必要だと考えています。

 

過脂肪(=太っていること)は、健康長寿の上でさまざまなリスクファクターになります。
例えば動脈硬化などの血管系の疾患、糖尿病や高脂血症などの生活習慣疾患もそうです。

 

みなさんがダイエットしたい!と感じた場合は、
まずはどんな種類の脂肪が、どこに、どのくらい、どのようについているのかを把握し、
脂肪を減らしていくことを目標設定するといいでしょう。

 

単に体重を減らすことを目標にすると、筋肉や、ひどい場合には骨も減らしてしまい、
健康な体の組成を崩してしまうことになりかねません。
理想的なダイエットとは、筋肉や骨を減らすことなく、脂肪だけを減らせるアプローチです。

 

では、どのように脂肪だけを減らせるようにアプローチして行けば良いか、
次回以降のコラムで少しずつご紹介させていただきます。

みなさんも正しい知識をつけて、健康的なダイエットを目指していきましょう。

Copyright 2017 ララクリニック, All Rights Reserved.