コラム
  1. >
  2. コラム >
  3. [Dr.アンチエイジング 青木 コラム]50代にして30代の肉体!アンチエイジングはやれば必ず、誰でも出来ます。

[Dr.アンチエイジング 青木 コラム]50代にして30代の肉体!アンチエイジングはやれば必ず、誰でも出来ます。

 

先日(5月15日の日曜日)、トライアスロン(オリンピックディスタンス)に初挑戦し2時間58分5秒のタイムで完走できました。

50代で初挑戦、トライアスロン完走!

僕がアンチエイジング(抗加齢)医学を知ったのは今から16年前の2000年。39歳の時でした。

アンチエイジングは美容医療のことだと思っている人がいますが、医学としてのアンチエイジングの本質は「元気で長寿を全うするための理論的・実践的科学(医学)」と定義されています。

一言で言うと「健康長寿のための医学」なのです。

そして、日本抗加齢医学会ではアンチエイジング医学に基づいた医療の三本柱を、「食」、「運動」、「生きがい」としています。しかし、どんな食べ物をどのくらいどのように食べたらアンチエイジングなのか、どんな運動をどの程度すればアンチエイジングなのかというエビデンスは未だ出ていません。

アンチエイジング医学のエビデンスは、まだほとんど無いのが実際なのです。

10年程前にはコエンザイムQ10がアンチエジングサプリメントとして随分話題になりましたが、今はどうでしょうか?レスベラトロールやアスタキサンチンにとって代わられています。日本にアンチエイジング医学が入ってきた2000年頃は、総合ホルモン補充療法で成長ホルモンを注射で補う方法が脚光を浴びたりしました。しかし、今はアンチエイジングのための成長ホルモンの投与はNGになっています。同様に流行の低糖質ダイエットがアンチエイジングにいいという理論もいつひっくり返されるかわかりません。

エビデンスがないアンチエイジング医学の領域において、エビデンスが出るのを待っていたら僕らの時代の人々はアンチエイジングできないことになります。

そこで、僕は自らが実践して、自らがエビデンスとなればいいじゃないかと考えました。

内科的なアンチエイジングでは、所謂“若返り”は難しいとされていますが、老化のスピードをゆっくりにして、若々しいままでいることは可能と考えられています。


【 老化の防ぐために 】

  • 活性酸素による酸化ストレスを最小限に食い止める
  • アンチエイジングホルモン(成長ホルモン、性ホルモン、DHEA、メラトニン)を枯らさないようにする
  • メタボにならない
  • 免疫力を高く維持する

以上の4つのことを「食生活(サプリメントを含む)」、「運動」、「精神(脳)活動」を通してこの16年間 実践してきました。

 

特に運動の大切さを実感しています。

僕は、“No Exercise, No Anti-Aging”だと思っています。

 

アンチエイジングのための運動の実践として、2008年の年末に買ったニンテンドーDSのソフト『歩いてわかる 生活リズムDS』を使ってまずはウォーキングから始めました(2009年の1月26日から、7年4ヶ月、一日も欠かさず毎日1万歩のウォーキングを続けられています)。

2011年からはランニングを始めました。50歳になったらフルマラソンを走ってみたかったからです。

2012年2月の東京マラソンでフルマラソンデビューし、完走。

その後は、年に2回、東京マラソン、大阪マラソンを走ることにしていて5年目になります。

 

5度の東京マラソンの結果はこんな感じです。

  • 50歳(2012年) 5時間39分29秒(初フルマラソン)
  • 51歳(2013年) 4時間22分59秒
  • 52歳(2014年) 3時間55分03秒
  • 53歳(2015年) 3時間43分11秒
  • 54歳(2016年) 3時間33分21秒

東京マラソン 12705619_1042633592448879_351747044142104071_n

どうですか? 年々、タイムが良くなっていますね!

 

これこそが、真のアンチエイジングだと僕は思っています。

 

そして、今回、ついにトライアスロン(オリンピックディスタンス=スイム1,500m、バイク40km、ラン10km)にも挑戦し、初トライアスロンとしては上出来の3時間切りを達成!

 

肉体的には30代後半を維持出来ているでしょう。

50代で30代の若さの身体

 

5年ごとに大きなことに挑戦する!これぞ「生きがい」の実践です。

55歳を機にトライアスロン完走を目標にしていたのです。

 

また、次の目標(生きがい)は、60歳でフルマラソンサブ3(3時間未満での完走)とトライアスロンのアイアンマン(スイム3.8km バイク180.2km ラン42.2km)完走としています。

 

アンチエイジングはやれば必ず、誰でも出来ます。

しかし、見ているだけ、考えているだけでは出来ません!

みなさんも是非、日々のアンチエイジングの実践を!

明日からと言わず、さぁ、今日から始めてみませんか!

 


【スタッフよりお知らせ】

なんとなく調子が悪い、そんな生活習慣病の繰り返しで肥満(メタボリックシンドローム)になっていませんか?そんな身体を見直すのは何歳からでも大丈夫です。特に夏の暑い、薄着の季節こそダイエットにピッタリです。頑張らなくても汗がでるダイエットチャンス!
ララクリニックでは、青木医師が長年研究してきた「原因を特定するからこそ、ご本人に負担の少ない健康的なダイエットが行える」インナーダイエットドックと医師のメソッドで病院スタッフがコーチングしてくれる体質改善プログラムでダイエットの治療を行っております。

病院でのダイエット外来は、普段運動していない人に対して無理な負荷をかけるハードなトレーニングは一切ありません

ご興味のある方はクリニックにお問い合わせください。

[ ご案内 ]
Dr.アンチエイジング 青木の診察時間は曜日が限られております。ホームページにてご確認の上、事前にご予約の上でご来院ください。

(→ご予約はこちら

Copyright 2017 ララクリニック, All Rights Reserved.